キンモクセイの現在は?ボーカル伊藤俊吾は音楽活動を再開したぞ!

2002年に販売された注目のシングルCDがあった。

タイトルは「二人のアカボシ」。

演奏するのは「キンモクセイ」というバンド。

2001年にメジャーデビューしたばかりの新鋭だった。

POPなメロディーが若者を中心に人気を集め、オリコンランキングでは10位に入る。

キンモクセイは「二人のアカボシ」のヒットにより、紅白歌合戦にも出演。

今後も多くの名曲を生み出してくれると誰もが信じていたが……。

 

実は「二人のアカボシ」後のバンドの行方はあまり知られていない。

今、キンモクセイはどうしているのか。

特にキンモクセイの楽曲のほとんどを手掛け、美しい高音ボイスが特徴的だったボーカルの伊藤俊吾さんはどうしているのか。

今日の「頑張る人のコンテンツブック」は、歌手の伊藤俊吾さんを取り上げてみました。

スポンサーリンク

キンモクセイとは

キンモクセイは1998年に結成されたバンドです。

何度かメンバーの入れ替えがあった後、2000年に下記の5人で本格的にバンドを始動しました。

ボーカル

名前:伊藤俊吾(いとうしゅんご)

生年月日:1976年11月25日

血液型:AB型

その他担当:ギター・キーボード

音楽を始めたきっかけ:ビートルズを始めとして、70年代80年代のフォーク・ロック歌謡曲に影響を受けて

現在:ソロとして活動中

 

ギター

名前:佐々木良(ささきりょう)

生年月日:1976年4月12日

血液型:B型

その他担当:コーラス・シンセサイザー

音楽をはじめたきっかけ:ギターを弾けたら格好良いと思ったから

現在:澤近泰輔氏とSasatikaとして活動

 

ギター

名前:後藤秀人(ごとうひでと)

生年月日:1976年12月27日

血液型:A型

その他担当:コーラス

音楽をはじめたきっかけ:BOOWYの布袋寅泰に憧れて

現在:他バンド等のサポートとして活動中

 

ドラム

名前:張替智広(はりがえともひろ)

生年月日:1976年5月8日

血液型:O型

音楽をはじめたきっかけ:両親が好きだったビートルズのリンゴスターに憧れて

現在:フリードラマーとして活動中

 

ベース

名前:白井雄介(しらいゆうすけ)

生年月日:1977年1月31日

血液型:O型

音楽をはじめたきっかけ:姉がギターを買ってきたから

現在:他バンド等のサポートとして活動中

 

2001年10月に発売された「僕の行方」でメジャーデビュー。

販売は振るいませんでしたが、3カ月後の2枚目のシングル「二人のアカボシ」が大ヒットします。

「70年代のシティポップス」をコンセプトとしたという爽やかで懐かしさのあるメロディーラインが人気を呼び、一躍、次代の注目バンドとして期待が集まりました。

数多くの歌番組でも取り上げられ、オリコンでは最高位10位。

この実績を引っ提げ、キンモクセイは紅白歌合戦にも出場を果たします。

 

さらなるヒット曲が出ることを期待されたが、3枚目のシングル「七色の風」、4枚目のシングル「さらば」こそ、「二人のアカボシ」による注目度が持続していたこともあって、オリコン10位台を記録しましたが、その後は低迷。

 

頻繁に新曲を発表するも、売上は下降線をたどっていきます。

 

「一発屋」

 

そう言われることも。

やがて人々の記憶からも「キンモクセイ」は消えていったのです。

スポンサーリンク

2008年に活動休止!

ロック全盛の中、ライブハウスで70年代J-POPをコンセプトとして演奏をする「キンモクセイ」は異質だったといいます。

デビューのきっかけとなった所属レコード会社「BMGファンハウス」のスタッフも、地味な印象しかないのに、どことなく他と変わった印象を持つ彼らに興味をもって声を掛けたとのこと。

ヒット曲「二人のアカボシ」のコンセプトもまさに「70年代J-POP」でしたので、スタッフは見る目のある方ですね。

このスカウトがなければ「二人のアカボシ」も世に出ることはなかったかもしれません。

さて、新曲の発表やライブ等、精力的に活動していたキンモクセイでしたが、2008年にバンド活動の休止を発表しました。

理由はメンバー個々のソロ活動を優先するため。

元々、メンバー間でもパンク、ソウル、ジャズなど音楽の好みは異なっていたと言います。

なぜかそんなメンバーが「キンモクセイ」という一つの傘の中に集まり、15枚ものシングル、5枚のアルバム(カバー・ベスト含む)を発表したのも不思議な感じがしますが。

 

そして解散から3年後の2011年。

東日本大震災が起きました。

メンバーは被災地のために自分たちのできることは何かと考え、そして一時的に再結集します。

支援曲のタイトルは「アシタ」

キンモクセイらしい名曲にファンの再結成への期待も高まりましたが、現在まで「キンモクセイ」は活動休止を続けています。

 

ボーカル伊藤俊吾さんの現在の様子は?

キンモクセイの活動休止後、ソロ活動を続けておられます。

弾き語りでの全国ツアーを行われるなど、精力的に活動中。

また2016年にはファーストソロアルバム「四畳半レコード」も発売されました。

ライブのような会議のようなファンイベント「ゆる会」も定期的に開催し、伊藤さんらしい個性的なファンとの交流も活発に行っておられます。

ゆる会にはキンモクセイのメンバーをゲストに呼んだりもしていますので、メンバー間の仲は現在でも良さそうです。

奥さんと娘さんとともに私生活でも充実した日々を過ごしている様子が伝わってきます。

ソロツアーでも合間を見て観光を楽しんでおられることをツイッターでつぶやいたり。

良い意味で紅白出演歌手とは思えない身近な感じが、伊藤さんの魅力の一つですね。

 

そんな伊藤さんですが、実は数年前には音楽が大嫌いになったそうです。

音楽を聴くのも、音楽番組を見るのも嫌になったと。

それでもお父さんが亡くなられてから、少しずつ気持ちが変わってきて、また音楽と向き合う時間が増えているようで、ファンとしては嬉しい限りですね。

今後とも活躍を期待しています。

スポンサーリンク

まとめ

・キンモクセイは活動休止中

・メンバーそれぞれが個々に音楽活動を実施

・ボーカルの伊藤さんは一一時音楽から離れていたが、現在は完全復活!

 

これまで多くの名曲を生み出してきたキンモクセイ。

みなさん、それぞれのソロ活動で充実しているようで安心しました。

個性的なメンバーですから、これからもそれぞれの活躍に注目です。

……いつかキンモクセイの活動再開にも期待したいですね。!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

森川夕貴が新人なのに報ステに大抜擢された理由をプロフィールから探っていくぞ!

セクシーチョコレートのREINAの経歴がすごい!好きな飲み物もカッコいいぞ!

NO IMAGE

離島の星!永尾亜子のプロフィールは?長崎大学からフジ入社までの軌跡を探る!

吉岡里帆のプロフィールは?目がかわいい彼女の大学や彼氏もチェック!

結城香織の詳細プロフィールを調べたぞ!ミス立教候補は恋愛に積極的だ!

アキラ100%は世界的な芸人に?家族を抱えて笑いにかける男が格好いい!